みなさんこんにちは。

写真の言葉でポートレートという言葉を聞いたことがありますか?。
ツイッターInstagramで、何となく1度は見た方も居ると思います。
実はポートレート写真は、僕らの生活に必要不可欠な写真だったり。

 

でも、ポートレートってなんぞや。

 

 

今回は少し脱線してポートレートの言葉の意味を、僕の写真の作例を出しながら、説明していきます。

 

 

ポートレート=Portrait

意味=肖像(画),生き写し,生き写した様子

 

ポートレートとは肖像の事を指します。
絵画などの人物が描かれているもの、例えばナポレオンが馬に跨ってハイヤー!!
している、有名な絵画も肖像(画)なのでポートレートということになりますね。
写真の場合はポートレート写真といった表現が正しいみたい。
いちいちポートレート写真って表記するのは面倒なので、ポートレートになったんでしょうね。

"生き写した様子"を写したものがポートレートの定義らしいのですが、亡くなっている方を写したものはどうなるのでしょうかね?

 調べたら19世紀には[ 死者のポートレート写真 ]が流行ったらしいのですが。

んん〜。

 

人間の流行ってよく分からないもんですね。

 

 

ポートレート写真(肖像写真)ってこんな感じ

 

 

 

 

こんな感じや

 

 

 

こういった写真です。
二枚目の写真は、素のままというか人間らしさが出ていて、とても好きです。
王道のポートレート写真ってこんな感じなんだろうな。

 

 

 

この写真はポートレート写真??それとも違う写真なの??

 

肖像写真ってこんな感じなんだろうなってなんとなくわかりました。

 

 


↑こういった

雑誌やSNSでよく見かける、背景も外だったりする写真はポートレート写真になるんでしょうか??。

 

結論から言うと、こういった写真もポートレート写真に入ります。

人が主体だったり、テーマが人である場合ポートレート写真に入るようです。

受け取り方は人それぞれなので、判断する基準としては受け取り手によりますね。

 

こういったのもポートレート写真

 

 

 

以前、ひざうらの写真を撮っていた時の、オフショット写真。
マジックアワーに入る前の時間帯、陽射がとても好き。

 

 

 

ぶんた@ひざうら最高!!! (@__BUNTA__) | Twitter

ひざうら文太にとってもらった写真。
海が大好きなので、海から上がってきたアリエル感が出てきてお気にいり。
やっぱり俺って海が似合うなぁ〜。

 

 

 

雑誌のグラビア写真は???

 

雑誌でよく見る、水着を着た女の子の写真、いわゆるグラビア写真はポートレート写真に入るのでしょうか?。

 

 

 

さぁ??どちらだと思いますか?。

 

 

 

グラビア写真も人がメインの写真になるので、立派なポートレート写真の仲間です。

 

 

じゃあグラビアって言葉の意味はなんでしょう?。

 

グラビアとは??

意味:グラビア印刷って手法があり、明暗の調子を良くして大量に印刷する印刷方法
またグラビア印刷を使って作られた、雑誌のページのことを指します。

 

印刷方法のことだったんですね。
グラビアの意味を知ると、グラビアアイドルって単語は考えれば考えるほど、噛み合わないというか自分の中ではしっくりこない単語です。

 

僕らの生活には、ポートレート写真が溢れている。

 

ポートレート写真は人物にメインを置いた写真。
マクドナルドのトレイに敷かれている、店員さんの写真も。
駅のホームや電車の中に吊り下がっている、広告の写真も。
あなたが昨日撮った、友達との写真も。

わりとポートレート多くない??!!!

僕らの生活の中には、ポートレートがなくてはならない存在なんだなぁ〜と気がついた、21歳の夏でした。

 

 ポートレート写真とは

人物に主体を置いた写真のこと

 

 

オススメ記事

 

ryusei-camera.hatenablog.com

ryusei-camera.hatenablog.com

 

ryusei-camera.hatenablog.com